めんどうがらずに

テニス・ジュニア選手育成プログラム!あなたの子供は試合に勝てる! > 生活 > めんどうがらずに

めんどうがらずに

2014年11月 7日(金曜日) テーマ:生活

民事再生による整理は住宅ローン等を含めた複数ある債務に苦しんでいる方を対象としたマイホームを手放すことなく金銭面で再生するための法的な機関による債務の整理の手順として適用された手段です。

 

自己破産制度とは違い免責不許可となる要素はありませんので、競馬などで債務がふくらんだようなときでも可能ですし、破産申請をした場合は業務が不可能になってしまうポストで仕事をされているような場合でも手続きは検討可能です。

 

破産手続きの場合は住居を手元に残すわけにはいきませんし、特定調停等では、元金自体は支払っていくことが必要ですので、住宅ローンも払いつつ支払い続けるのは多くの人の場合困難だと考えられます。

 

とはいえ、民事再生による手続きを採用できれば、住宅ローン等以外での負債額は相当な額を削減することもできますので余裕をもって住宅ローンを返済しながら他の借金を返していくことも可能ということになります。

http://www.yashichi7.com/

ただ、民事再生は任意整理による手続きや特定調停といった方法と異なりある部分だけの負債を除き処理を行うことは無理ですし、破産に適用されるように負債そのものが消滅するわけでもありません。

 

それから、それ以外の方法と比較して手順がめんどうで手間が必要ですので住宅ローンなどを組んでいて住んでいる家を手放せない状況など以外で、破産宣告等のその他の選択肢がない場合の最後の処理とみなした方がいいと思います。



関連記事

めんどうがらずに

めんどうがらずに

2014年11月 7日(金曜日)

おまとめローン

おまとめローン

2014年6月29日(日曜日)

おまとめローン

おまとめローン

2014年6月29日(日曜日)